阿部サダヲ主演の感動大作、Huluで見れる「殿、利息でござる」を見た感想、あらすじ

スポンサーリンク

どうもリックです。
今日は阿部サダヲさん主演の殿利息でござるをみてみました。

こちらは2016年に公開されており比較的新しい映画ですね
そしてこの映画は「國恩記」(こくおんきと読みます)と言う史料を元に
した実話だそうです。

フィギュアスケートの羽生弓弦さんも殿様役で出演していることで当時話題になっていました。
羽生くんが映画出演て違和感ありますよね?

羽生君は最初オファーがあったとき断ったそうなのですがこの殿、利息でござるの原作である
無私の日本人を読み感動して出演を決めたと言う裏話があるそうです。
羽生くんも感動した映画楽しみですね。

Huluで主演の阿部サダオと検索してみると

謝罪の王様
・舞妓Haaaan!!!
・子ぎつねヘレン
・泣くもんか

を含む15作品が出てきました。

あらすじ

金欠のため、百姓や町人へ容赦なく重税を課していた仙台藩。
中でもさびれ果てた小さな宿場町・吉岡宿では、破産と夜逃げが相次いでいた。
町の将来を心配する十三郎は、知恵者の篤平治から宿場復興の秘策を打ち明けられる。
それは、藩に大金を貸し付け利息を巻き上げるという、
百姓が搾取される側から搾取する側に回る逆転の発想であった。
計画が明るみに出れば打ち首確実。必要な資金は千両。
現在の3億円という大金を水面下で集める、前代未聞の頭脳戦が始まった。

出演者
阿部サダヲ
瑛太
妻夫木聡
竹内結子
寺脇康文
きたろう
千葉雄大
橋本一郎
羽生結弦
重岡大毅
松田龍平

プロデューサー
大角正
両角晃一
武田功
安達英雄
池田史嗣
三好英明
鎌田恒幹

監督/演出
中村義洋

原作/脚本
磯田道史
中村義洋
鈴木謙一

チャンネル
松竹

公開年:2016年 | © 2016「殿、利息でござる!」製作委員会

感想

最初は阿部サダヲさん主演ということで
どこかでふざけてくるのかなと思いみてましたが全くおふざけなしで素晴らしい作品でした。

うまく説明できませんがこんなにもみんながみんな人の為を思って行動することが感動し、
清々しい気分にしてくれるんだと思いましたね。

話の流れはお金を集めて殿様に貸してその利息で重税に苦しむ村人を救うみたいな感じなのですが
その額がとてつもない額なんです。その額なんと3億円!!
その3億円を家の物を売ったりして集めるんです。自分の利益は一切ないのに…
お金を集めているのは全員農民ですからその大変さは想像がつきますよね。

最初はただの農民である阿部サダヲさん1人が思っていたことが、
その考えの素晴らしさに1人、また1人と人が集まってくる様子はとても感動するものがありました。

そして阿部さんの周りに集まってくる人々のなかに妻夫木聡さん演じる金貸し兼、造り酒屋の浅野屋甚内もいるのですが、
この男村人みんなからケチでしみったれで守銭奴と悪口を言われるくらいの男なのに
集まった人の中で1番多くのお金を出します。

それもなんのためらいもなく、
そんなの何か裏があるのでは⁉︎と思いますよね?そう、裏があるんです。
でもその裏が私はこの映画で一番感動したと言ってもいいです。

けちでしみったれで守銭奴の甚内の目的とは?
この浅野屋甚内の「裏」をみなさんぜひみてください。泣けますよ

それではよき動画ライフをお楽しみください。

ランキングに参加してます^^
クリックお願いいたします♪

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です