女子必見 NETFLIXでみたアンダーウエア6話のあらすじ・感想

スポンサーリンク

こんにちはゆきです。

今日も元気にアンダーウエア見てます!!わら
さてさて今回はどんなことになるのかな~??

6話あらすじ

ブランドイメージを守りつつ多くの商品を売る鍵となるのは宣伝戦略。
繭子は、自ら志願しノウハウを学ぼうとするが、
そこには不思議なルールがある。
原作・作成 関口 大輔

キャスト  桐谷 美玲
      大地 真央
      酒井 若菜
      千葉 雅子
      マイコ
      海東 健
      桜田 通
      石田 二コル
      河北 麻友子

感想

繭子(桐谷美鈴)大奮闘!!
エモーションを世に知らしめるべく、
試行錯誤!!
固い頭の社長と新しい考えの新人って感じですね!!
今まで守ってきたブランドイメージを守りつつ、
宣伝活動は難しいものですね!
オーダーメイドで高価な下着が
どこにでも売ってる商品と同じように宣伝してしまったら、
やはり商品価値は下がってしまいそうですもんね><;
一方ヘッドハンティングされた瑞希もまた悩んでました。

やはり同じ仕事でも、
上司や職場・仲間などで
モチベーションもやりがいも・・・
さらにはイマジネーションまでもが
変わってくるのですね!!

改めて職場・上司・仲間の大切さを実感しました!
どんなにいい仕事でも、
どんなにいいお給料でも

やりがい・たのしみ

などないと長く働くなんて無理ですもんね;;

そんな職場で働けてる人はどんだけいるのでしょう・・・。
+
さーそんなこんなでエモーションさらに団結して再挑戦へ!!

回を追うごとに南上社長にハマッていきます!わら

ランキングに参加してます^^
クリックお願いいたします♪

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です